〇 設立理念 〇

 

「社会の陰涼たれ」

 

豊かに繁る大樹の枝葉が集う人をやさしくつつみ 太陽の光をやわらげるように 私たちは大樹として 関わるすべての人の涼しい陰〝陰涼(いんりょう)〟でありたい

 

◆設立理念にこめた想い

 

陰(いん)涼(りょう)とは、涼しい陰です。真夏の太陽にさらされる時、大樹の陰ほどありがたいものはありません。熱帯や亜熱帯地域、日本のような温帯地域でも太陽が照りわたる時など、大樹の陰はこの世のお浄土のようにも感じます。大樹は枝を広く張って、太陽の直射をさえぎって涼風を運んでくれます。私たちは、そんな涼しい陰、〝陰涼〟でありたい。私たち自身がこの大樹のように多くの人の苦悩の直射をさえぎる〝陰涼〟となる人や場になることをみそら会の設立理念とします。

 

 

どんな大樹でもはじめは小さな一粒の種です。その種が太陽や風雨に育まれ、肥料を与えられて成長するのです。大樹が自分たちの枝の下に幼木や小さな草花を保護するように、私たちは子どもたち一人ひとりの心に寄り添い、お家の方々と共に第二に基地として、子どもたち自身の自ら育つ力を信じ、温かく見守っていきます。

 

 

また、私たち『子どもを豊かに育む』という社会的な使命を全うしていく中で、子どもたちの保護者や地域に共に生きる人、そして私たち自身もかけがえのない大切な存在であると考えます。

人と人の出会い、縁やつながりを大切に、保護者や地域の人々の交流の場でありたい。子どもたちを中心に、社会の一員として、私たちに課せられた役割を見出し、確かな信頼を築いていきたい。そんな願いをこの理念に込めました。

 

 

そして私たちは、今生かされていることに心から感謝し、自己研鑽に励むとともに、互いを認め、誇り高き、みそら会の一員として、この仕事に全力を尽くすと共に、すばらしい人生を生きていくことを心に誓います。

 

 

〇 教育・保育理念 〇

「幸福な社会人となる基礎を築く」

 

 本園が願っている幸福とは頭がいいとか金持ちであるとか社会的地位が高いとかいう意味でなく、社会の中にあって他人の権利と自由を尊重し、自分自身の自由を持ち、調和のとれた感謝生活のできる人、将来社会人になったときにそのような人間に成長しているように、現在はその基礎を築く

 

  • 十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中でこどもの様々な欲求を適切に満たし、生命の保持及び情緒の安定を図ること
  • 健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培うこと
  • 人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと
  • 自然の社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の基礎を培う
  • 生活の中で言葉への関心を育て、喜んで話したり、聞いたりする態度や豊かな言葉を養うこと
  • 様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培うこと

〇 教育・保育目標 〇

 

いきいきと遊ぶ子

 

 

 

 体が元気であっても情緒が安定していないといきいきと活動することはできません。また、乳幼児期は「人間としての成長を支える根っこ」の部分にあたります。健康でのびのびと活動するために保育教諭や友達との間に信頼関係を築く

 

思いやりのある子

 

 

 

 

 他の人々や動植物と親しみ、支え合って生活する中で、人権を大切にする心を育て、自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培う

 

環境に働きかける子

 

 

 

 

 周囲の様々な環境に好奇心や探求心を持って関わり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う

 

自分の気持ちや考えを伝えられる子

 

 

 

 

 経験したことや考えたことを自分なりの言葉で表現し、相手の話を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉の表現する力を育てる

 

創りだす子

 

 

 

 

 感じたことや考えたことを自分なりに言語、音楽、絵画、造形など表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする

 

感謝する子

 

 

 

 

 自然環境や生活の中で調和のとれた感謝生活ができる子。「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言えるようにする

〇 教育・保育方針 〇


〇 幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿 〇

 幼保連携型認定こども園 教育・保育要領に示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」に向かって教育・保育を進めます。

ア、健康な心と体

イ、自立心

ウ、協同性

エ、道徳性・規範意識の芽生え

オ、社会生活との関わり

カ、思考の芽生え

キ、自然の関わり・生命尊重

ク、数量や図形、標識や文字などへの関心、感覚

ケ、言葉による伝え合い

コ、豊かな感性と表現