· 

3歳児の挑戦! 以上児

過ごしやすい気温になってきました。それでも、泥パンツになり園庭で思いっきり遊ぶ子どもたちです。

室内のロフトに登れるようになった3歳児の男の子。今日はみそらタワーに挑戦していました。しかも泥パンツのままで…(笑)

腕の力もついてきてまるで懸垂でもしてるかのように体を引き上げています。もう少しなのですが、指・腕を伸ばせばバランスが崩れるので体を支えようと腹筋を使うものの力尽き……。何度も何度も挑戦していました。擦り傷が腕や足についています。「痛くない?」と声をかけましたが、「大丈夫」といいながら目にはタワーしか映ってない様子。

そのうち、そんな姿を見たつき組さんが登り方を教えてあげ、真似をして登っていましたが成功ならず…

そして彼は考えました。まず、手を濡らしました。そして登るところの木の足元が少し穴が空いていたのでですがそこに砂を運び高さを作っていました。少しでも高いほうがと思ったのでしょう。

そして再度挑戦!滑らないようにと思っているのでしょう。何度も手を湿らせていました。

約40分間の長い挑戦となりました。全身を使い、足の指先まで力を入れていました。

体中擦り傷だらけになりがらも、挑戦し続けましたが、「また明日する」と自分から終わりを決めました。挑戦したこの40分間はどんな成功体験よりも、すばらしい経験をしたのではないかと思います。

次の彼の挑戦が楽しみにです。

今週の様子  以上児クラス

7月の豪雨で祖父母参観が延期になったグループがありました。今回、園の栗山で栗拾いをおじいちゃん、おばあちゃんと行いました。祖父母の方も楽しんでもらえたようで、子どもたちも短い時間でしたがおじいちゃんおばあちゃん達と秋を感じることができました。

つき組さんは足を使い殻を広げ、栗を出すのが上手になっています。

未満児クラスの発表会のリハーサルがありました。かわいいひよこさん・すみれさんに拍手!

もも組さんの踊りを見ていたつき組さんたちが「僕たちがもも組さんの時、何を踊ったっけ?」と話しだしました。「ねこしたよ。私、きつね」など、思い出して話をしている姿に感動しました。覚えてくれているんだなと…。その頃の子どもたちの姿を思い出し、思い出話を聞かせてあげると照れるかわいいつき組さんでした。

園庭の草をちぎっては「野菜をとってきたよ」と見せてくれました。

「洗ってまーす」とバケツの中でジャブジャブ。次は、木材をスポンジ代わりにしてゴシゴシ。様々なものを見立て遊んでいます。

積み木コーナーではクッキー屋さんができていて、「いらっしゃいませ~」とかわいいよびこみが始まっていました(笑)