以上児さんのお部屋の幼児用ソファーの
張り替えが終わり納品してもらいました。
お部屋とちょっとミスマッチめな小柄から、落ち着く素敵な色合いになりました。嬉しい😊

連休明けの2歳児廊下から聞こえて来ました。
「みんなで行こう!」
「うん。2人で行こう!」
と、仲良く出てきたのは女の子3人。
正解ではないけれど、会話に数が出だしましたね^_^

ようやく、今朝は少し寒さを感じた大分県日田市。
9月のハッピーランチデーはお月見をテーマにサツマイモ餡のウサギパン、まんまる満月チーズハンバーグ、三色おにぎり団子三兄弟…
美味しかったです。秋だなぁ🎑

8月31日のおやつは新メニューの「カルシウムせんべい」
美味しかったのですが、「カルシウムせんべい」ってどうよ?とまたまた園長の無茶ぶりで、「こども達が何コレ!ってワクワクするネーミングにして」と。
まんまるーむの先生達も悩むけど、思い付かず5歳児さんに相談しに行ったそうです。
結果は…パリカタせんべい
どんな候補が出たかはみそらこども園のホームページをのぞいてくださいませ(^^)

初めてweb配信での園内研修
コロナの影響で研修に行けなくなり、初めてweb配信での園内研修にチャレンジしました。 保育もしながら保育時間中にということで、2日間、4グループに分けて汐見稔幸先生と大豆生田先生の2時間コース、受講が終わりました。 初の研修形式で、初める時はドキドキでしたが、おかげで後10年近くは東京までの研修には行けないだろうと思う子育て真っ最中のママ先生達も聞くことができるのがわかったのは大発見でした。 「コロナのピンチをチャンスに」を実践できた研修形式でした。

月曜日のお集まりの後、

5歳児のY君が、私が掛けていた坊守袈裟は何物なのか知りたいと、珍しく声を掛けて来ました。

他の人には見られないようにと二人で医務室へ。

袈裟を見せた後、Y君に相談してみました。

「園長先生が、お話する時にみんなが聞いてくれんで悲しくなるっちゃけど、どうしたら聞いてくれると思う?」

Yくん「K君とか早く外に行きたいき、聞かん。もう少しでお話が終わるよち、言えばいい」

感激しました。Yくんもお話を聞くのが苦手なタイプ。

どうしたら良いか、どうして欲しいかの答えはこども自身がちゃーんとわかっているんだなぁと。

抱っこして、今日の[ブッダがせんせい]のお話を読むと静かに聞いてくれました。

ありがとうYくん😊

 


2年前、みそらタワーが完成🗼
誰がどういう風にして登る?
3月末までに5歳児が3人登れるか?位の感覚でこども達をのんびり見ていこうと、先生達に話したのに…
オープン初日、初チャレンジから10分で4歳児が下の段へ。午後から登り始めた5歳児があっという間に5人上の段へ。
あの驚きは忘れられない。

日田市内いくつもの道路が浸水して、他市への行き来は難しくなりました。
みそらこども園付近は静かですが、お預かりしていた園児さん達は至急お昼までにお迎えをお願いしました。
自宅前の花月川は朝とあまり変わりませんのでこちらも大丈夫そうです。
お隣の町内の北友田3丁目は、三隈川と花月川が合流するので川幅も広いのですが、決壊してたいへんなことになっています。
これ以上被害が出ないことを祈ります。皆さん、早めに避難しましょう。

保護者と一緒に青空デッキと高いステージに穴蔵を作った日。
園庭改造前の園庭で「こどもは楽しく遊んでます」と言っていた自分が恥ずかしい。こども達に申し訳なかったなと、思う。

卒園児のお父さんのひまわり畑に

5歳児、後日4歳児が行きました。暑い中園からは片道40分の坂道を登って行くと一面のひまわり畑。自分の背丈より大きいひまわりにこども達も大喜び。お家にもそれぞれ持ち帰り、おばあちゃんからコロナで落ち込みそうになってたけど元気が出てきましたと喜ぶ声も聞かれました。

 

大病をしてもあきらめず前に向かう羽野さんの生き方やご家族の深い愛にこちらこそ元気をいただきました。ありがとうございました😊


6月 ハッピーランチのテーマは 「梅雨」

 雨と夏日が交互に来て体調管理が難しい6月。

今月は先生たちが雨をテーマにアジサイ、カエル、傘と長靴がでてくる劇をしてくれました。

今月の保育教諭とまんまるーむのコラボは・・・

お皿の中にかわいい梅雨が表現されていました。

 

お皿を見ていたら、ふと、色画用紙で保育室の壁を飾っていた若い頃を思い出しました。前理事長(母)が30年以上前に福岡県の豊永せつ子先生の保育と出会い、壁面構成をスパッとやめました。以来、壁面は本物の自然物やこどもの作品を飾っています。保育を振り返り変化させるベースは、母の時代からみそらに流れていたのだなあ。


今日おやつの新メニュー
「三色浮島」
彩りも味も美味しゅうございました^_^
お客様にも大好評。


まだ鉄製遊具があって、

斜面と築山とが繋がっていなかった3年前。みそらで過ごすこども達に、挑戦、躊躇、決心、達成、進化があるように私達一人一人、職員集団にも同じ道のりがあっての今だったなと思う。そして、これからも今のままではなんか違う、充分とは言えないと思うたび、挑戦から進化までの道のりを歩いて行くのだろう。
ホームページの表現を変える保育に直結したことから、休憩時間の確保や勤務時間内の1時間会議など働き方も挑戦している。
変化を恐れず挑戦していく職員集団。

スゴイ先生達がみそらの財産、人財。
いつも支えてくれてありがとう。
園長は、あなた達に追いていきます⁈
「終わりなき旅」は続く〜よ。ど〜こまでも〜♫


今年度から、

在園児Sちゃんのおじいちゃんの畑をお借りして野菜作りができるようになりました。コロナの関係で植えるのは園のKさんにお願いしましたが、梅雨入りを前にジャガイモの収穫間近がこども達とできそうです。昨日、初収穫の立派なキューリは本日の「切り干しともやしの和え物」に入ってました。

 

いよいよ蚊の季節。最近はこんなオシャレなコードレス蚊取り線香があるんですね。緑のグルグルじゃありません。


ついに、5月のハッピーランチに

嵐が来た〜‼️外でしてるから、ちょっと早い夏フェス⁈
わかっていても、こっちに視線が来るとドキッとするねーと、先生たち。ちなみに私…二宮くんが好きです^_^

今年から、ハッピーランチの担当保育教諭とまんまるーむ栄養士がコラボして計画する様になりました。つまり、金太郎のお話とランチのコラボ(=´∀`)人(´∀`=)
来月がまたまた楽しみになりますね。


ほぼ毎日9時前には

園庭に出ているみそらっ子。
一番奥の斜面に4月入園の1歳児Tちゃんがフェンスをしっかり伝って降りていきます。途中怖くなったのか、泣き始めました。
担任は下にいますが、登って声をかけたのは5歳児のRちゃん。Tちゃんの意には添わなかったようでRちゃんは離れて行きました。
もう少しだけ泣くと、泣き止んでやっぱりジワジワと降りて、ようやく一度も滑らず、一人で降りていったTちゃん。 

挑戦や葛藤、達成があるのが当たり前な日常は、こども達の心も体も大きくしているのだと思う。


コロナ退散‼️
各地の御神木や御神体には想像を絶する大きさの存在がある。そして、そこに人は幸せを願い、災を避け、防ぐことを祈る。
と、するとこのみそらの大きな大きな鯉のぼりもまさにコロナ退散の祈りを込めてかな?
何と1匹の長さは、3m越え。

今年度初の5歳児担任のH先生は長年勤務して子育てと仕事を両立してきたおかあさん先生。
3歳以上児の3グループごとに5歳児を中心にこども達が相談して作ったそうです。
他の子は水色って言ったけどT君が絶対譲らず緑色。R君が赤!って言ってNちゃんも可愛いね〜って言って決まった赤色。黒ちカッコいいやんとRちゃんがつぶやいて黒色。
目の形、尻尾の形、ヒゲの形や長さ。
それぞれのグループカラーがあふれた作品になりました。
早くみんなが元気で会えますように^_^


登園自粛にご協力いただきありがとうございます
5月は青空ハッピーランチデー。
いろんなところからいろんなスタイルで参加し、リラックス^_^
お隣では古くなった築山脇の丸太の取り替えをしています。
S先生が「戦時中みたい。築山のトンネルが防空壕に見える。」新人職員に「B29ち知っちょるかい?」
いやいやあなたも50代。戦争経験者じゃないでしょΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

感染症でみんながネガティブになりがち。明るい話題にかかせないS先生の周りは大笑いがいっぱいです。
いつもありがとう^_^


おおぞら教育研究所2020が届きました。

職員用とご縁のあった方に渡したいと注文しました。
みそらの外部講師に対する取り組みも載せて頂いています。
ホントはこれを元に今年度も木村先生や井上先生、神子さん達と研修したり、いろんな園さんと交流したかったぁ。
今は自分のエネルギーを貯めるときと思いなおして、踏ん張ります!
木村先生、井上先生、神子さーん
元気かなぁと職員も言ってますよ〜


初の新入園児家庭のみの青空入園進級式。

親子写真が出来あがりました。
皆さんとっても良い表情で撮れてます^_^


今週から園舎内への立ち入りを園児、職員のみと限定して保育しています。
さすがに初日の月曜日は提出物、毛布、園庭用の靴など持ち物が多く、また新入園児にとっては入園式後初の登園日とあって、玄関はバタバタでしたが、数日して少しずつみんな慣れてきました。
日田市でも初の感染が伝えられましたが、関係者は全て陰性とのことホッとしています。
そんな中、園児のおばあちゃんから可愛いチューリップのプランターをいただきました。
ありがとうございます😊
みんなに笑顔が戻ります^_^


青空の下で入園のお祝いを行いました。
新入園児の親子のみの参加、会場は園庭の門の前、順番に写真屋さんに写してもらってお祝いのケーキを私からお渡ししました。そして解散。

 

ご入園、ご進級おめでとうございます。
月曜日からたくさん遊びましょうね(*^◯^*)