2/14  出来ることが増えてきたよ♪

最近なんでも「自分でしたい」と伝えてくれるようになったすみれ組さん。自我が芽生えてきて、子ども達自身もたくさん考えて生活している中、今日は食器の片づけをしている様子です。同じお皿が重なっているのに気づき、そこに食器を置くお友達や、残飯を残飯入れの中に入れる子など、普段、保育教諭の姿をよく見ているんだなと改めて実感しました。実際に自分たちが見て、その経験を、月齢が低い子が見て真似をするという光景や、苦手なものもお友だちが食べている様子をみて、自分も食べてみようと口までもっていく様子など、子どもたち同士の関わりがすごく大切なんだなと改めて感じることができました。日々の子ども達の成長に驚く毎日です。

2/13 子育てサロン

今日は光岡公民館で子育てサロンがありました。20名ほどのお友達が参加してくれました。最初は、「からだダンダン」を一緒に踊りました。とても上手に踊っているお友達がいましたよ!そのあとにひなまつりのペープサートを見て、製作をしました。お母さんと一緒にのりを使って、オリジナルの製作ができていました。そのあとは2月生まれのお誕生日のお友達のお祝いをして、みんなでへこやきを食べました。食べ終わったお友達から、トランポリンでジャンプしたり、ロディーちゃんに乗って楽しんでいる様子が見られましたよ!今日のご参加ありがとうございました。

2/12  おやつの時間  ひよこ組

今日はひよこ組のおやつの様子をご紹介します。

 

お昼寝から起きた子から順番におやつを食べ始めす。

1人ひとりのリズムに合わせているので、子どもたちはそれぞれに座り、その都度保育教諭が対応していきます。

今日は黒ゴマタルトでしたが、手で上手につかんで食べたり、ヨーグルトの日もスプーンですくって食べようとする姿も見られるようになっています。子どもたちも手作りおやつが大好きです。

 

そして、2月より歩行が確立し、食事も完了した子からホールで午睡をしています。少しずつすみれ組への準備も始めています。

2/10  クッキー作り 以上児・たんぽぽグループ

 クッキー作り、最後のグループはたんぽぽグループさんです。今日を楽しみにしていた子ども達、嬉しそうに身支度や手洗いをして準備していました。たまごグループの中で役割や順番を決め、ビニール袋に材料を入れてこねていきました!なかなか材料が混ざり合わないので、一生懸命こねて、こねて、かたまりを作っていきました。ひとかたまりになったら、生地を3等分し、次は型抜きです。色々な形の型抜きや自分で考えた形を作って楽しみました。まんまるーむで焼いてもらったあと、お昼からは袋詰めし、ラッピングしました!かわいいクッキーができあがっているので、お楽しみに!!

2/7  お気に入りのもの&遊び   すみれ組

室内遊びの写真をよーく見ると、お人形を抱っこしていたり、おんぶしていたり、子どもたちにとってお人形の存在って何なんでしょうね。兄弟?お友達?ペット?一緒にいることで安心したり癒されるんでしょうね。

はらぺこあおむしの絵本も今、すみれさんに人気です。あおむしの曲にあわせてよく読んでいますよ。歌もみんな覚えているので盛り上がります!

園庭では屋台でおままごと遊び、三人乗り自転車にもお友達と一緒に乗るようになりました。

今日は寒かったので焚火の所へ暖をとりに行く子もいましたよ。

みんなそれぞれ自分のお気に入りのものや場所があるようです。

2/6    園庭に出ると白いものが!  ひよこ組

 今日は特に寒い一日となりましたね。今日は園庭に出ると砂場や丸太の上が真っ白に!今朝の寒さから、霧で白くなっていました。以上児のお兄さんお姉さんたちが、出来ていた氷で遊んでいる姿を見て、ひよこさんたちも触って冷たさやザラザラを感じたり、歩いてザクザクなる音や感覚を楽しんでいましたよ。冬の寒い時期にしか味わえない霧の不思議さや魅力に子どもたちも気づけたことと思います。

2/5   クッキー作り  以上児・ばらグループ

今日は、ばらグループがクッキー作りをしました。昨日、ちゅうりっぷグループがしていたので朝から「エプロン持ってきたよ~」と楽しみにしていました。たまごグループで行い、袋に材料を入れてみんなでこねていきました。つき組さんが優しくリードし「こうしてね」など声をかけしていました。混ぜ合わせ一つの固まりになり、型抜きをしました。ココア生地はまんまるーむの先生が用意してくれたので混ぜてマーブルにしたり目や鼻を作っていました。それぞれ思い思いの形を作り楽しみました。おうちに持って帰りますのでまた話を聞いてみてくださいね!

2/4     クッキー作り    以上児・ちゅうりっぷグループ

今日は、ちゅうりっぷグループのクッキー作りをしました。たまごグループに分かれてエプロンの準備や手洗いを済ませ、クッキングを始めました。ホットケーキミックスに砂糖を入れた袋を渡し「フリフリ」して、その中にバターと牛乳を入れて「まぜまぜ」しました。パン作りで慣れていたようで、上手に混ぜ合わせる事が出来ていました。まんまルームの先生に作ってもらっていたココア生地を渡し、型抜きをしました。それぞれ思い思いの形を考えて、形を作っていました。出来上がりは、お家に持って帰りますので、お楽しみに!

2/3  節分の日 豆まき       全園児

2月3日は節分の日。昨年度よりみそらこども園では行事の見直しをしています。行事そのものが本当に子ども主体で行われているのか?保育教諭主体になってはいないか?など職員で研修をおこなっています。市職員は楽しい行事になってほしいという思いがあっても、子ども達自身は本当に楽しめているのか…。子ども達が考える行事はどんなものだろう…など、今、職員で話し合いをしています。今日は節分です。子ども達は鬼は怖いというイメージだけで、節分の日を迎えるような感じが年々続いています。怖がらせることにおもむきをおくのはやめようと、昨年度から、自分の心の鬼を子ども達で考え、その鬼を追い出すことにしました。事前に絵本を読んだりして、いろいろな鬼を職員と一緒に考えました。『泣きむしおに』『イラつきおに』『片づけないおに』『すききらいおに』『ねぼすけおに』…などなど。同じ心の鬼のグループで鬼のところに向かうことにしました。一人しかいない心の鬼もあったので、一人で立ち向かう子どももいました。鬼も子ども達と同じ好き嫌い鬼や泣き虫鬼など心の鬼になっていました。鬼が泣きやむまで豆を投げ続けていましたよ。一人でたちむかう子どもが抱きついてきたとき、心臓がドキドキしているのを感じました。

つき組は鬼のお面をかぶり、未満児さんの節分の鬼役になりました。お面をみて、泣いちゃうひよこさんもいましたが、優しくこえをかけたり、だっこしてあげて、節分本来の由来でもある、邪気をはらうお手伝いをしました。すみれ組さん、もも組さんは新聞紙を丸め、豆の代わりに投げていました。いつも使っている以上児の部屋の四隅にも豆をまき、邪気をはらいました。

みんなの心の鬼を追い出したあとに、福の神が登場し、節分・立春についてのお話をしてくれました。豆をつき組の代表者がうけとり、今年の節分は終わりました。

泣きだす子どももいました。やはり怖いというイメージもついたかもしれません。その中でも怖いながらもたち向かった姿を見て、「〇〇ちゃんはすごいね」と感動したり、共感しあう子ども達の姿も見られました。先生の気持ちが主体的になる行事ではなく、子ども達がどうしたいのか、子ども達が考えられるような環境を職員みんなで考えていきたいと思います。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
写真等、無断使用を一切お断り致します。
みそらこども園 2020